日米首脳「同盟発展へ連携」=初の電話会談

政治・外交

菅義偉首相は20日夜、米国のトランプ大統領と約25分間、電話会談した。日米首脳の電話会談は菅首相の就任後初めて。両首脳は今後も日米同盟を発展させていく方針で一致し、中国や北朝鮮を含む東アジア情勢をめぐり意見交換した。ワクチン開発など新型コロナウイルス対策で緊密に連携していくことでも合意した。

電話会談は日本側から申し入れた。日米同盟について菅氏は「地域や国際社会の平和と安定の礎だ」と強調。「安倍晋三前首相と大統領の深い信頼関係の下、かつてなく強固になった同盟を一層強化していきたい」と語った。トランプ氏も「全く同感だ。菅首相と共に日米関係を一層強固にしたい」と応じた。

菅氏は北朝鮮による日本人拉致問題に触れ、「早期解決に向け果断に取り組んでいく」として、米側の支援を要請した。

トランプ氏は「24時間いつでも何かあったら電話してほしい」と伝えた。菅氏は電話会談後、首相公邸前で記者団に「早速、米国と連携で一致し、非常に手応えを感じている」と表明。「これを機会に各国首脳と電話会談を行って日本の立ち位置を理解してもらい、連携を深めていきたい」と語った。

トランプ米大統領との就任後初めての電話会談を終え、記者の取材に応じる菅義偉首相=20日夜、首相公邸前トランプ米大統領との就任後初めての電話会談を終え、記者の取材に応じる菅義偉首相=20日夜、首相公邸前

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 オーストラリア 日本 米国