IOC委員側へ多額の送金=3700万円か―東京五輪招致

スポーツ

【ロンドン時事】東京五輪・パラリンピック招致に絡む金銭授受疑惑で、東京招致委員会がコンサルタント契約を結んだシンガポールの会社から2013年に当時の国際オリンピック委員会(IOC)委員の息子とその会社に多額の送金があったことが確認された。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)などの取材で21日までに判明した。一部報道によると、金額は合計37万ドル(当時のレートで約3700万円)に上る。

当該の元IOC委員はセネガル人のラミン・ディアク前世界陸連会長で、金銭を受けた息子のパパマッサタ氏は陸連のコンサルタントだった。ラミン氏は13年9月のIOC総会で20年夏季五輪の開催地を決めた際に委員として投票権を持ち、他のアフリカの委員にも影響力があったとされる。ディアク親子は今月、ロシア選手のドーピングに絡む収賄などの罪に問われ、パリの裁判所から有罪判決を受けた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 セネガル