コロナ克服へ「全ての手段」=貿易・投資の回復へ協調―G20貿易相

政治・外交

日米欧や中国など20カ国・地域(G20)の貿易担当相は22日夜、テレビ会議を開催し、多国間貿易体制の維持・強化やデジタル経済に関するルール整備について議論した。会議で採択した閣僚声明では「国際的な貿易と投資の回復に協力して取り組む」と表明。その上で、新型コロナウイルス克服に向け「全ての利用可能な政策手段を用いる」とした。

声明ではまた、新型コロナを受け導入されている各国の貿易制限について「グローバルなサプライチェーン(供給網)を混乱させるものであってはならない」と指摘。ワクチンを含む医薬品の確保などをめぐっても、「多角的な貿易システムが重要な役割を果たす」と強調した。

日本からは梶山弘志経済産業相が出席。会議で梶山氏は「コロナ危機で各国の内向き志向が強まりかねない時だからこそ、G20の結束が必要だ」と訴えた。

20カ国・地域(G20)の貿易担当相によるテレビ会議に臨む梶山弘志経済産業相=22日夜、東京都千代田区(経済産業省提供)20カ国・地域(G20)の貿易担当相によるテレビ会議に臨む梶山弘志経済産業相=22日夜、東京都千代田区(経済産業省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際機構 通商政策 日本