五輪成功へIOCと連携=菅首相、バッハ会長と電話会談

政治・外交

菅義偉首相は23日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と就任後初めて電話で会談した。来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの成功に向け、新型コロナウイルス対策などで緊密に連携していく方針を確認した。

首相は五輪について「招致段階から安倍晋三前首相とともに一貫して関わってきており、安心・安全な大会開催を目指し、引き続き協力したい」と表明。バッハ会長は「大会は歴史的なものであり、さまざまな困難を乗り越えてきた日本国民に希望をもたらすものだ」と同調した。菅氏の首相就任に祝意を伝え、近く訪日する考えも示した。

菅義偉首相と国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長との電話会談に同席し、記者団の質問に答える橋本聖子五輪担当相(中央)=23日午後、首相官邸菅義偉首相と国際オリンピック委員会(IOC)バッハ会長との電話会談に同席し、記者団の質問に答える橋本聖子五輪担当相(中央)=23日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 日本