日韓「極めて重要な隣国」=元徴用工、適切対応を要求―菅首相が文大統領と電話会談

政治・外交

菅義偉首相は24日午前、韓国の文在寅大統領と就任後初めて電話会談し、冷え込んだ日韓関係について協議した。首相は「日韓両国は極めて重要な隣国であり、北朝鮮問題をはじめ、日韓、日米韓の連携は重要だ」と表明。元徴用工問題などに関し、「現在非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはならない」と伝えた。

会談後、首相は「わが国の一貫した立場に基づいて、今後も韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と記者団に強調。安倍政権と同じく韓国に毅然(きぜん)とした姿勢で臨む方針を明らかにした。

韓国の文在寅大統領との電話会談後、記者団の質問に答える菅義偉首相=24日午前、首相官邸韓国の文在寅大統領との電話会談後、記者団の質問に答える菅義偉首相=24日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 日本 韓国