日韓首脳、徴用工で平行線=菅首相、善処を要求―文大統領「解決策、共に模索」

政治・外交

菅義偉首相は24日、韓国の文在寅大統領と約20分間電話会談した。首相は元徴用工問題などの懸案に言及、「現在非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはならない」と述べ、韓国側の善処を求めた。文氏は「両国政府と全ての当事者が受け入れ可能で最適な解決策を共に模索することを望む」と語った。双方が従来の立場を主張し、平行線に終わった。

日韓首脳の電話会談は菅首相の就任後初めて。韓国側の申し入れで行われた。日韓首脳の対話は昨年12月に当時の安倍晋三首相と文氏が中国・成都で会談して以来で9カ月ぶり。

韓国の文在寅大統領との電話会談を終え、記者団の質問に答える菅義偉首相(左)=24日、首相官邸韓国の文在寅大統領との電話会談を終え、記者団の質問に答える菅義偉首相(左)=24日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国