観光会社前会長に有罪=IR汚職贈賄側―東京地裁

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員秋元司被告(48)への贈賄罪に問われた札幌市の観光会社「加森観光」前会長、加森公人被告(77)の判決が25日、東京地裁であり、丹羽敏彦裁判長は「職務の公正と社会の信頼を大きく損なった」として、懲役10月、執行猶予2年(求刑懲役10月)を言い渡した。

IR汚職事件での判決は初めて。

丹羽裁判長は判決で、「IR事業に職務権限を有する(当時の)副大臣に、至れり尽くせりの特別待遇を丸抱えで行った」と指摘。弁護側は贈賄額について争い、罰金刑が相当と訴えたが、判決は検察側の主張通りの贈賄額を認定し、「副大臣の姿勢にも問題があるが、被告は接待旅行となることを当然認識していたはずで、相応の非難を免れない」と述べた。

判決によると、加森被告は2018年2月、中国企業「500ドットコム」の元顧問紺野昌彦(49)、仲里勝憲(48)両被告らと共謀し、北海道留寿都村でのIR事業誘致を有利に進めるため、秋元被告一家を同村への旅行に招待。旅費など計約76万円相当を負担した。

秋元被告はこれを含む計約760万円相当の賄賂を受け取ったとして収賄罪で起訴され、保釈後に紺野、仲里両被告に偽証を持ち掛けたとして組織犯罪処罰法違反(証人等買収)罪で追起訴された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 北海道 札幌市 東京都