元店主とセブン双方の申し立て却下=契約解除「有効」、店明け渡し認めず―大阪地裁

社会 経済・ビジネス

セブン―イレブン・ジャパンがフランチャイズ(FC)契約を解除したのは不当として、大阪府東大阪市の加盟店元店主松本実敏さん(59)が店主としての地位確認と取引再開を求めた仮処分申請で、大阪地裁は25日までに、申し立てを却下する決定をした。同社側が松本さんに求めた店舗明け渡しの仮処分も却下した。23日付。

内藤裕之裁判長は、松本さんのツイッターでのセブン本部批判や顧客への暴行などを挙げ、「契約に違反し、解除は有効」と判断した。一方、店舗明け渡しについては、松本さんが同社と係争中の訴訟で勝訴した場合に営業が困難になるなどとして認めなかった。

松本さんは昨年2月、人手不足を理由に時短営業を始めたが、セブン本部は顧客の苦情が多いなどとし、同年末にFC契約を解除。本部は今年1月、店舗明け渡しなどを求める訴訟を起こし、休業状態となった松本さんも2月に地位確認などを求めて提訴している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 経営一般 日本 大阪府 大阪市