菅首相が福島入り=就任後初、原発視察

政治・外交 暮らし

菅義偉首相は26日午前、就任後初めて東日本大震災・東京電力福島第1原発事故の被災地、福島県を訪問した。菅政権の基本方針に「震災復興」は明記されなかったが、実際に訪れることで安倍政権と同様に被災地を重視する姿勢を示した。

首相は、同県大熊町の第1原発を訪問。構内を車で回り、廃炉作業や汚染水処理の状況について東電職員から説明を聞いたほか、廃炉の1~4号機の様子を視察した。

首相は東電に対し、「大変な作業だと思うが着実にやってほしい。国も今まで通り前面に出て全力で取り組んでいきたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 防災政策・災害対策 暮らし 日本 東北 福島県