海保巡視船と台湾漁船が接触=尖閣周辺の日本領海、けがなし

社会 政治・外交

沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で27日午後、海上保安庁の巡視船と台湾漁船が接触した。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、けが人はおらず、双方に大きな損傷はないという。漁船は日本の領海内で違法操業中だった。

加藤勝信官房長官は28日の記者会見で「必要な調査を行い、適切に対応したい」と述べた。

保安本部によると、宮古島海上保安部の巡視船「くりま」が領海退去を警告しながら漁船と並走していたところ、漁船の右舷船首が巡視船の左舷後方に接触した。漁船は27日中に領海から出たという。

記者会見する加藤勝信官房長官=28日午前、首相官邸記者会見する加藤勝信官房長官=28日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 社会 外交 日本 沖縄 台湾