少女像「極めて残念」=加藤官房長官

政治・外交

加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、ベルリン中心部に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことについて、「わが国政府の立場、取り組みとは相いれない極めて残念なことだ」と述べた。

加藤氏は「政府として、撤去に向けてさまざまな関係者にアプローチし、わが国の立場を説明するなど引き続き働き掛けを行っていきたい」と語った。少女像は在ドイツの韓国系市民団体が歩道に設置した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 ドイツ 日本 韓国