菅首相「拉致解決へ先頭」=被害者家族と面会

政治・外交

菅義偉首相は29日、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会の飯塚繁雄代表や、拉致被害者横田めぐみさんの母、早紀江さんらと首相官邸で面会した。首相は「全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向け、自ら先頭に立ってあらゆるチャンスを逃すことなく活路を開いていきたい」と述べた。

首相は米国のトランプ大統領、中国の習近平国家主席らとの電話会談で拉致解決への協力を取り付けたことを説明。国連総会一般討論演説でも拉致問題に言及したことを報告した。

飯塚代表は、安倍政権について「具体的な動きが見られず非常に残念だった」と指摘。その上で首相に「時間も大切だ。具体的に動かしてほしい」と訴えた。

拉致被害者家族の横田早紀江さん(右手前から3人目)らと面会し、あいさつする菅義偉首相(左から2人目)=29日午後、首相官邸拉致被害者家族の横田早紀江さん(右手前から3人目)らと面会し、あいさつする菅義偉首相(左から2人目)=29日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 中国 日本 北朝鮮