手配容疑者の現在予測=AI活用、サイト開設―ヤフーなど

社会

ヤフーなどは30日、人工知能(AI)を活用して指名手配容疑者の現在の姿を予測し、情報提供を呼び掛けるサイト「TEHAI」を開設した。警察庁から協力を得た初の試み。指名手配から長期間が経過した容疑者は、老化などで外見が変化している。しかし、ポスターなどの写真は古いままという課題があり、同庁も今回の取り組みに期待を寄せている。

サイトはヤフーと電通グループ子会社の「電通デジタル」、予測画像の作成などを担った「パーティー」の3社が開設した。AIを活用した社会貢献を目指す中で警察庁に企画を提案し、写真や情報の提供を受けて実現。同庁が重要指名手配容疑者に指定する5人の予測画像を掲載した。

内訳は見立真一(41)=2012年の東京・六本木の男性殺害=、小暮洋史(51)=1998年の群馬県高崎市の一家3人殺害=、小原勝幸(40)=08年の岩手県宮古市の女性殺害=、上地恵栄(64)=05年の東京都三鷹市の居酒屋チェーン副店長殺害=、宮内雄大(44)=13年の山梨県山梨市の強盗致傷=各容疑者。

大量の顔写真データを学習した複数のAIを使い、容疑者ごとに体形の変化も踏まえた九つのパターンの現在を予測した。

警察庁の重松弘教・刑事企画課長は「情報を広く提供していただき、一日でも早く検挙できればと期待している」とコメントした。

ヤフーなどが開設したサイトには、人工知能(AI)を活用して作成された指名手配容疑者の現在の予測画像が掲載されている(「TEHAI」プロジェクト提供)ヤフーなどが開設したサイトには、人工知能(AI)を活用して作成された指名手配容疑者の現在の予測画像が掲載されている(「TEHAI」プロジェクト提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 警察・治安 日本