菅首相初外遊、所信表明に先行=国会26日召集で調整、野党反発

政治・外交

政府・自民党は1日、臨時国会を26日に召集する方向で調整に入った。菅義偉首相の初外遊となる今月中旬の東南アジア歴訪を優先した。首相の所信表明演説が帰国後の26日となれば、就任から40日後となり異例。野党は国会軽視と反発している。

自民党の森山裕国対委員長は1日、二階俊博幹事長に党本部で会い、26日召集案を伝達。党幹部は「26日召集しかない」と語った。

森山氏は前日の立憲民主党の安住淳国対委員長との会談で23日に召集する方向だと伝えていた。しかし、会談後に首相官邸から「首相外遊が固まった。召集日は26日にしてほしい」と再考を迫られ、わずかの間で方針転換した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本