長時間労働解決へ実態調査=押印廃止「途中のステップ」―河野担当相インタビュー

政治・外交

河野太郎行政改革担当相は1日のインタビューで、行政手続きの押印廃止に続いて、さらに改革を断行する考えを示した上で、公務員の長時間労働を見直すため、実態調査を指示したことを明らかにした。

―はんこの次はファクスだと言っている。

印鑑を押す行為をやめる目的で(改革を)やっているわけではなくて、さらにその次を目指さないといけない。途中のステップだ。(押印廃止は)400メートルリレーの第1走者がスタートを切った程度だ。

―社会のデジタル化に必要な規制改革は。

平井卓也デジタル改革担当相が動く上で邪魔になるような規制、例えば「印鑑を押せ」「紙に万年筆でサインしろ」などデジタルトランスフォーメーション(DX)を想定していない時代に作られたルールが多々ある。そういうものをなるべく早く外さないと次につながらない。

―縦割り行政の要因は。

政府はそれぞれ担当を分担しているから、最初から縦割りになる。縦割りそのものが悪いのではなく、縦割りの間に落ちたり、両方に引っ掛かったりしたときに、どちらか片方が動かないと解決できないことが問題だ。

―国会対応のため、官僚の長時間労働が問題になっている。

霞が関に行くと「在庁時間」「勤務時間」という言葉がはびこっている。仕事もしていないのに在庁していることは、にわかに考えにくい。各省で在庁時間がどれくらいになっているのか、職種別や組織別にきちんと出してもらう必要がある。もう(調査するよう)指示をした。

―来年9月予定の自民党総裁選に出馬するか。

新しい内閣が発足したばかりなので、まず目の前の自分の責務をしっかり果たしていきたい。

グループインタビューに答える河野太郎行政改革担当相=1日午後、東京都千代田区グループインタビューに答える河野太郎行政改革担当相=1日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政改革 日本