常磐道あおり、男に有罪=男性暴行「危険で身勝手」―水戸地裁

社会

茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」をした上、相手の車の男性を殴ってけがをさせたなどとして、強要と傷害の罪に問われた会社役員宮崎文夫被告(44)の判決が2日、水戸地裁であり、結城剛行裁判長は「危険極まりなく、動機も身勝手」と述べ、懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年8月)を言い渡した。

判決によると、宮崎被告は2019年8月10日、常磐道上り線で立て続けにあおり運転をして男性会社員の車を止めさせた上、「今すぐ出てこい。殺してやる」などと怒鳴り、男性の顔を5回殴って1週間のけがをさせた。同年7月23日にも、愛知県岡崎市や浜松市の新東名高速道路であおり運転をした。

結城裁判長は一連の事件について、「高速道路上で執拗(しつよう)なあおり運転を繰り返しており、重大な事態を引き起こしかねず危険極まりない」と指摘。「動機も自己中心的で、刑事責任を軽視することはできない」と非難した。

一方、被告が被害者らに弁償金支払いを申し出ていることなどを情状酌量の理由に挙げ、「社会的影響を加味して実刑に処すことは、公平な量刑を逸脱しかねない」と述べた。

宮崎被告は裁判長をじっと見据え、静かに判決を聞いていた。

宮崎文夫被告(茨城県警提供)宮崎文夫被告(茨城県警提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 茨城県 東海 静岡県