加藤官房長官、任命拒否見直さず=学術会議推薦「学問の自由は保障」

政治・外交

加藤勝信官房長官は2日午前の記者会見で、菅義偉首相が日本学術会議の推薦した会員候補6人の任命を拒否したことについて「任命権者である首相が日本学術会議法に基づいて任命を行った。そうした説明を引き続き行っていきたい」と述べ、見直す考えはないと強調した。

加藤氏は、学問の自由を脅かすとの批判があることに関し、「憲法に書いてある学問の自由はしっかり保障しなければならない」と指摘。研究内容の萎縮につながるとの懸念には「直接そうしたことにつながるものではない」と反論した。

自身の関与については「決裁の段階で説明を受けた」と述べ、首相から事前の相談がなかったことを明らかにした。首相が国民に直接説明するため、会見などを開くことには、否定的な考えを示した。

記者会見する加藤勝信官房長官=2日午前、首相官邸記者会見する加藤勝信官房長官=2日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 文教政策 日本