国内の新規感染者542人=東京、2日ぶり200人下回る―新型コロナ

社会 暮らし

国内では2日、新たに542人の新型コロナウイルス感染者が確認された。死者は大阪府で6人が確認されるなど4府県で11人増え、累計で1607人となった。

東京都では新たに196人の感染が確認された。1日当たりの新規感染者数が200人を下回るのは2日ぶり。重症者は前日と同じ22人だった。

順天堂大医学部付属練馬病院(練馬区)では、新たに医師や患者ら10人の感染が判明。同病院関連の感染者は計50人となった。

群馬県の新規感染者は13人で、10日ぶりに10人を上回った。青森県は八戸市の20代女性が感染したと発表した。同県で感染が確認されたのは9月28日以来。

甲府市は2日、大和証券甲府支店の職員8人が感染したクラスター(感染者集団)について、社員が参加する飲み会で感染が広がった可能性が高いとの見方を示した。飲み会は9月24、25日に開かれ、感染者全員が参加した25日はカラオケのある2店舗を訪れ、それぞれ2~3時間滞在していたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都