ガス点検強盗、首都圏で相次ぐ=業者装う、SNSで実行役募集

社会

ガス点検業者を装って高齢者宅に押し入り、現金を奪う強盗事件が8月下旬以降、首都圏で相次いでいる。実行役をインターネット交流サイト(SNS)で募集しているケースが多いといい、警視庁は指示役がいるとみて捜査。高齢者が狙われる手口などから、同庁幹部は「点検強盗は特殊詐欺の派生形。過去に詐欺被害を受けた人の名簿が出回っているのでは」と警戒を強める。

「消防の者です。点検に来ました」。8月30日午後、東京都新宿区の90代男性宅を男が訪れた。男は流し台の下を調べていたが、突然男性の顔面を殴打。粘着テープで手足を縛り、現金約3万円とキャッシュカードを奪い逃走した。警視庁は防犯カメラの映像を分析し、9月10日に強盗致傷容疑などで自称造園業の20代の男を逮捕した。

警視庁によると、同様の強盗事件は8月下旬以降、都内や神奈川県、千葉県などで10件以上確認されている。8月27日には川崎市内、9月24日には足立区内の高齢者宅に点検を装った男が訪れ、現金などを奪う事件が発生した。

被害者には、過去に詐欺に遭ったり、事前に資産状況を尋ねる「アポ電」と呼ばれる不審な電話がかかってきたりした人もおり、警視庁は特殊詐欺グループが点検強盗に関与しているとみている。実行役の多くはSNS上での「闇バイト」などの投稿を通じて集められているとみられ、同庁は指示役の特定を急ぐ。

捜査1課幹部は「実行役は指示役と顔を合わせることがない。あくまで指示されたところに向かっているだけ」と話し、実態解明に意欲を示す。

東京ガスによると、法令で定められた点検を行う際は、訪問予定日と時間を記した紙を事前に配布する。同社は「本物の作業員は東京ガスグループの制服を着用している。不審に感じたら、必ず身分証の提示を求めてほしい」と呼び掛けている。

ガス点検を装った男が押し入った都営住宅=1日、東京都足立区ガス点検を装った男が押し入った都営住宅=1日、東京都足立区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 警察・治安 日本