ゆるキャラGP「たかたのゆめちゃん」=ブーム去り、今年で終了

社会

「ゆるキャラグランプリ2020」の人気投票結果が4日、岩手県滝沢市内で発表され、ご当地部門の1位に同県陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」が選ばれた。得票数は28万17票。2位は大阪府泉佐野市の「ゆるナキン」(27万1180票)、3位には埼玉県鶴ケ島市の「つるゴン」(26万8201票)が入った。

2011年から始まったゆるキャラグランプリでは、これまで「くまモン」(熊本県)、「ぐんまちゃん」(群馬県)などが1位となりブームとなったが、自治体による「組織票」騒動など過熱も指摘され、今年での終了が決まっている。

今年のグランプリは、7~9月のネット投票と、今月3、4日の現地投票を集計して決定。企業・その他部門の1位は、バーチャルユーチューバーの「甲賀流忍者!ぽんぽこ」に決まった。会場入り口では検温や入場者の連絡先記録など、新型コロナウイルスの感染対策が取られた。

ゆるキャラグランプリ2020に選ばれた岩手県陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」(中央奥)。手前は歴代のグランプリキャラ=4日午後、岩手県滝沢市ゆるキャラグランプリ2020に選ばれた岩手県陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」(中央奥)。手前は歴代のグランプリキャラ=4日午後、岩手県滝沢市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東北 岩手県 群馬県 埼玉県 大阪府 九州 熊本県