1422人の情報流出疑い=「ミヂカ」不正アクセス―ゆうちょ銀

経済・ビジネス

ゆうちょ銀行は4日、自行のキャッシュレス決済サービス「mijica(ミヂカ)」カードの専用サイトへの不正アクセス問題で、氏名など個人情報が流出した疑いのある顧客が1422人に上ると発表した。対象となる顧客のカードの利用を一時停止し、不審な取引がないか確認の連絡を取る予定だ。

ミヂカでは54人の口座から332万円が不正送金される被害が発生している。被害者は全員、今回の1422人に含まれており、流出した情報が悪用された可能性もある。

現在、不正アクセスの形跡を確認した7月下旬~9月中旬の期間について調べている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 経営一般 日本