高田賢三さん死去、81歳=「ケンゾー」創業者、仏で成功

社会 暮らし

【パリ時事】華やかな色や柄使いのブランド「KENZO(ケンゾー)」の創始者で、世界的に有名なファッションデザイナーの高田賢三(たかだ・けんぞう)さんが4日、新型コロナウイルスに感染後、パリ郊外の病院で死去した。81歳だった。高田さんの広報担当者がAFP通信に明らかにした。

兵庫県出身。1958年、男性に門戸を開いたばかりの文化服装学院に入学。翌年進んだ同学院デザイン科には、後に「花の9期生」と呼ばれる「ニコル」の故松田光弘さん、コシノジュンコさん、「ピンクハウス」の金子功さんら日本を代表するデザイナーの卵が集まっており、互いに刺激を与え合う良きライバルになる。

婦人服メーカーのデザイナーを経て、65年渡仏。70年にパリに自分のブティックを開いた。ファッション界がオートクチュール(高級注文服)からプレタポルテ(既製服)に移行する時期で、鮮やかな花柄や重ね着、民俗調のフォークロアなど新風を吹き込み、世界中で高い評価を得た。

84年、仏政府の芸術文化勲章(シュバリエ)、2016年にレジオン・ドヌール勲章(シュバリエ)を受章。東京などでもファッションショーを開いた。

99年、紫綬褒章を受章。同年、春夏コレクションと、ブランド30周年を集大成したファッションショーを最後にケンゾーを離れ、独立。その後も新ブランドを設立したり、04年のアテネ五輪日本選手団のユニホームをデザインしたりするなど活躍した。

高田賢三さん高田賢三さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 衣料・ファッション 暮らし 社会 訃報 フランス 日本