自民・船田氏、任命拒否は「解釈変更」=菅首相の判断を批判―学術会議

政治・外交

自民党の船田元・元経済企画庁長官は、自身の3日付のメールマガジンで、菅義偉首相が日本学術会議の会員候補6人を任命しなかった問題について「明らかに(法)解釈の『変更』だ」と批判した。正面から首相に異論を唱えた形だ。

船田氏は「1983年に会員の公選制から任命制に変更した際、私も衆院文教委員として審議に携わった」と振り返り、当時の閣僚らは答弁で「形式的な任命制」などと口をそろえていたと証言。「直近まで有権解釈として政府が受け継いできたはずだ」と指摘した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本