デジタル化・規制改革を推進=経済再生へ一体的に―諮問会議

政治・外交

政府は6日、経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)を開き、新政権の重点課題について議論を開始した。新型コロナウイルス感染拡大で露呈した硬直化した規制やデジタル化の遅れに一体的に対処する方針を確認。感染症対策と経済活動を両立させながら日本経済の再生を目指す。

政権発足後、初めてとなる同会議で菅首相は「複数省庁にまたがる改革を力強く実行し、経済を確かな成長軌道に乗せていく」と強調。特に規制改革について「行政の縦割りや既得権益、あしき前例主義を打破し、内閣を挙げて取り組んでいく」と強い意欲を示した。

経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相(左から2人目)=6日午後、首相官邸経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相(左から2人目)=6日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 電気通信政策 日本