MOX燃料工場も「新基準適合」=核燃サイクル主要施設―規制委

経済・ビジネス 政治・外交

原子力規制委員会は7日、日本原燃のウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料加工工場(青森県六ケ所村)について、操業開始に必要な新規制基準に「適合している」とした審査書案を了承した。一般からの意見募集などを経た後、正式決定される見込み。

同工場は、原発で使用した核燃料からウランとプルトニウムを取り出し、再利用する「核燃料サイクル」の主要施設の一つ。同じ敷地内にある使用済み核燃料再処理工場(7月に新基準適合)で取り出されたウランとプルトニウムの粉末を混合、成形し、MOX燃料に加工する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 資源エネルギー政策 日本 東北 青森県