馬毛島基地に反対=鹿児島・西之表市長が表明

政治・外交

鹿児島県西之表市の八板俊輔市長は7日、米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転先として防衛省が進めている同市の馬毛島への自衛隊基地建設計画について「地元首長として同意できない」とする「所見」を市ホームページに公表した。八板市長が明確に反対を表明したのは初めて。

計画は滑走路2本を整備し、自衛隊も各種訓練をしたり、南西諸島防衛の後方拠点として活用したりする内容。所見は騒音被害や環境汚染に懸念を示し、「軍事上の標的となり、地域の安全が脅かされる」と指摘。防衛省の一連の対応を「事を急いで焦っている」と批判した。

また、「一度基地を容認すると、米軍は自由に行動でき、国内法で歯止めが掛けられない状態が沖縄をはじめ日本各地で起きている」と強調。基地に頼った地域振興に対しても「一度踏み入れば引き返せなくなる」と否定的な見解を示した。

これを受けて塩田康一鹿児島県知事は県庁で記者団の取材に応じ、今月中にも西之表市を含む周辺自治体から意見を聴く考えを示した。その上で「防衛省から再度説明をしてもらい、県としての考えを整理していきたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 九州 鹿児島県