菅首相「脱はんこ」全省庁へ指示=近く方針、年内に省令改正―規制改革スピード重視

政治・外交

菅義偉首相は7日に首相官邸で開いた規制改革推進会議(議長・小林喜光三菱ケミカルホールディングス会長)で、全省庁を対象に、押印廃止など行政手続きの見直しに向けた方針を近日中に取りまとめるよう指示した。これを踏まえ、年内に関係省令・告示を改正し、来年1月召集の通常国会に関連法案を提出する考えだ。

首相は就任以来、行政のデジタル化に向けて障害となる規制を見直す意向を表明している。この日も「行政の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打ち破って規制改革を全力で進めるため、各省庁が自ら進めることが必要だ」と述べ、霞が関が主体的に取り組むよう求めた。

規制改革会議の開催は菅政権発足後初めて。「脱はんこ」を主導する河野太郎規制改革担当相も出席した。

内閣府は先に各省庁に対し、行政手続きの押印撤廃が可能かどうか検討し、9日までに回答するよう求めた。この結果を受け、書面や対面での手続きが必要かどうかも含めた見直し方針を策定する。「スピード重視」を政権運営の基本とする首相の意向に沿い、急ピッチの作業となる。

規制改革推進会議で発言する菅義偉首相(奥左から2人目)=7日、首相官邸規制改革推進会議で発言する菅義偉首相(奥左から2人目)=7日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政改革 行政一般(政治欄向け) 日本