核ごみ調査、議会が請願採択=村長「近く考え表明」―北海道神恵内村

政治・外交

高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分地選定をめぐり、北海道神恵内村議会は8日午前、臨時議会を開き、第1段階に当たる「文献調査」への応募を求めた地元商工会の請願を賛成多数で採択した。高橋昌幸村長は議会の判断を尊重する考えを示しており、結果を受けて同日午後に「少し時間をいただいて、近く私の考えを表明する」と述べた。

村が応募すれば、2007年の高知県東洋町以来2例目で、国が17年に処分適地を示した「科学的特性マップ」公表後初めてとなる。

地元商工会から提出された文献調査応募の請願について採決する北海道神恵内村議会の臨時議会=8日午前、同村役場内(代表撮影)地元商工会から提出された文献調査応募の請願について採決する北海道神恵内村議会の臨時議会=8日午前、同村役場内(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境行政(生物多様性も、統計類も) 日本 北海道 四国 高知県