核ごみ調査、13年ぶり応募=寿都町が書類提出―政府、神恵内村に申し入れ

経済・ビジネス 政治・外交

北海道寿都町の片岡春雄町長は9日午前、東京都港区の原子力発電環境整備機構(NUMO)を訪れ、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分地選定の第1段階「文献調査」への応募書類を提出した。文献調査への応募は2007年の高知県東洋町以来13年ぶり2例目。一方、経済産業省は同日午後、同じ北海道の神恵内村に職員を派遣し、文献調査の実施を申し入れた。

処分地選定の動きは地域住民の不安を背景に長年停滞してきたが、寿都町の決断で新たな局面を迎えた。片岡町長はNUMO訪問後、経産省内で梶山弘志経産相と会談し、「入学手続きに来た(ような気持ちだ)。しっかり勉強して正しい判断ができるよう進めていきたい」と語った。梶山氏は「議論を喚起していただいたことを感謝する」と応じた。

片岡町長は会談後、記者団に「(梶山氏から)応募は数日以内に認められると説明を受けた」と話した。

神恵内村の高橋昌幸村長は9日、国の申し入れの受け入れを表明する見通し。調査をめぐっては村議会が8日、応募を求めた地元商工会の請願を採択している。

原子力発電環境整備機構(NUMO)を訪れ、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分地選定の第1段階「文献調査」への応募書類を提出する北海道寿都町の片岡春雄町長(左)=9日午前、東京都港区原子力発電環境整備機構(NUMO)を訪れ、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分地選定の第1段階「文献調査」への応募書類を提出する北海道寿都町の片岡春雄町長(左)=9日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 資源エネルギー政策 日本 北海道 四国 高知県