両陛下、黒田日銀総裁と面会=新型コロナの影響聞く

政治・外交 社会

天皇、皇后両陛下は9日午後、お住まいの赤坂御所に日銀の黒田東彦総裁を招き、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響について説明を受けられた。

黒田総裁によると、日本経済の現状や国際金融市場の動きについて1時間余り説明した。両陛下は、中小企業や国内各地域への影響に深く関心を寄せ、政府や日銀、国民が努力して困難を乗り越えていくことを期待。皇后さまは訪日外国人旅行者の減少が特定の地域に及ぼす影響を心配していたという。

両陛下はこれまでも感染症や福祉、教育などの関係者から新型コロナの影響について話を聞いている。

新型コロナウイルスの経済への影響について黒田東彦日銀総裁から説明を受けられる天皇、皇后両陛下=9日午後、東京都港区の赤坂御所(宮内庁提供)新型コロナウイルスの経済への影響について黒田東彦日銀総裁から説明を受けられる天皇、皇后両陛下=9日午後、東京都港区の赤坂御所(宮内庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策 皇室・王室 社会 日本