日英EPA、23日にも署名=来年1月発効へ調整

政治・外交

政府が英国との経済連携協定(EPA)について、23日にも署名する方向で英政府と最終調整に入ったことが12日、分かった。トラス英国際貿易相が来日する案も浮上している。26日召集の臨時国会で承認されれば、来年1月1日発効の見通し。

日英EPA交渉は9月に大筋合意。発効により、英国に輸出する日本車は、日本と欧州連合(EU)間のEPA同様、2026年2月に関税が撤廃される。焦点だった英国産ブルーチーズは、日欧の協定に基づく低関税枠に余剰がある場合に限り、EUと同じ低関税が適用される。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 日本