氷河期採用、申し込み70倍=157人に1万人超―人事院

政治・外交

人事院は13日、2020年度に初めて実施する就職氷河期世代を対象にした国家公務員の中途採用試験の申込者数が1万943人に上ったと発表した。中央省庁全体の採用予定人数は157人で、倍率は69.7倍となった。

試験区分別では、内閣府や総務省など本省職員採用を含む「事務関東甲信越」に申込者が集中。全体の半数を占める5693人が応募し、倍率は91.8倍だった。土木など技術系では全国で371人から応募があった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本