独少女像、当面撤去されず=設置団体が差し止め申請

政治・外交

【ベルリン時事】在ドイツの韓国系市民団体「韓国協会」がベルリン市ミッテ区に設置した従軍慰安婦を象徴する少女像について、撤去を指示した区当局は13日、協会が行政裁判所に暫定的な撤去差し止めを申請したため像は当面維持されると発表した。区は14日までの撤去を指示していた。

フォンダッセル区長は声明で、裁判所の決定を待つとした上で、「韓国協会と日本側双方の利益になる妥協案を望む」と強調。「時代や地域、行為者に関係なく、あらゆる女性への性的暴力、特に戦時中のものに強く反対する」と表明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ドイツ 韓国