くら寿司が「非接触」店舗=入店から退店まで―大阪

経済・ビジネス

くら寿司は、入店から退店まで店員と完全に非接触で食事ができるサービスを始めた。東京に続き、16日になんば日本橋店(大阪市)にも導入した。新型コロナウイルスの感染防止とともに、来店客の利便性も向上させるのが狙いだ。

入り口の案内パネルに指を近づけると、画面に触らなくてもセンサーが指の動きを読み取って、手続きができる。席では、備え付けのタブレットまたは、スマートフォンでQRコードを読み取ることで、注文する仕組みだ。レジにも店員はおらず、入店時と同様に画面に触らず操作できる「セルフレジ」で会計を済ませる。

同様のシステムは東京・池袋の店舗でも13日から導入。来年末までに国内全462店舗への拡大を目指している。

くら寿司なんば日本橋店に導入されたタッチレスのセルフレジ=16日午前、大阪市内くら寿司なんば日本橋店に導入されたタッチレスのセルフレジ=16日午前、大阪市内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 大阪府 大阪市