東海大野球部が無期限活動停止=部員が薬物使用の疑い

スポーツ

東海大は17日、硬式野球部で不祥事が判明し、無期限活動停止を決めたと発表した。神奈川県平塚市内で記者会見を開き、複数の部員が寮内で薬物を使用した疑いがあると明らかにした。大麻の可能性があり、調査中という。

東海大野球部は首都大学リーグの強豪で、巨人の原辰徳監督、菅野智之投手ら多くのプロを輩出している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 日本