日越首脳、防衛装備移転へ合意=アジア3カ国目、中国けん制―短期往来へ運用開始

政治・外交

【ハノイ時事】ベトナム訪問中の菅義偉首相は19日、ハノイで同国のグエン・スアン・フック首相と会談し、日本からの防衛装備品移転を可能とする協定締結で実質的に合意した。ベトナムは中国と南シナ海で領有権を争っており、両国が防衛協力を深めることで、同地域で強硬姿勢を強める中国をけん制する狙いがある。

菅首相は会談で中国を念頭に「東・南シナ海で一方的な現状変更の試みを深刻に懸念しており、ベトナムと引き続き連携していく」と発言。フック首相は「深刻な懸念を共有する」と同調した。

実質合意したのは、日本から海外へ防衛装備品の輸出を可能とする防衛装備品・技術移転協定。日本は既に9カ国と締結済みで、アジアではフィリピン、マレーシアに続き3カ国目となる。菅首相は会談後の共同記者発表で「両国の安全保障分野の大きな一歩だ。さらなる進展を確信する」と強調した。

短期出張者などの往来再開でも一致した。短期往来はビジネス目的に限り認めるもので、新型コロナウイルスの陰性証明や行動計画の提出を条件に、入国後2週間の待機を免除する。ベトナムが3例目となる。

新型コロナ感染症対策での協力を強化していくことでも合意。中国依存からの脱却を目指し、医療品のサプライチェーン(供給網)の多元化を進める。

両首脳はまた、「自由で開かれたインド太平洋」構想実現へ協力していくことを確認した。南シナ海や北朝鮮を含む地域の課題について緊密に連携していくことも申し合わせた。

会談の冒頭、フック首相は両国関係について「戦略的利益を共有し、最も重要な戦略的パートナーだ」と指摘。菅首相は「自由で開かれたインド太平洋というビジョンを持って東南アジア諸国連合(ASEAN)をはじめとする同地域への積極的な関与を明確にしてきた。菅政権でも変わりはない」と強調した。

共同記者発表に先立ち、両首脳はテロ対策の装備機材供与に関する協力文書を交わした。

共同記者発表を終え、ベトナムのグエン・スアン・フック首相(右)と握手する菅義偉首相=19日午前、ハノイの首相府共同記者発表を終え、ベトナムのグエン・スアン・フック首相(右)と握手する菅義偉首相=19日午前、ハノイの首相府

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 中国 日本 ベトナム