「元法相依頼でデータ削除」=疑惑報道後、業者の供述調書―案里被告公判・東京地裁

社会

昨夏参院選をめぐる大型買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が19日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、夫で元法相の克行被告(57)=衆院議員=から「パソコン内にあるデータの完全削除を頼まれた」とするインターネット関連業者の供述調書が読み上げられた。

検察側が朗読した調書によると、案里被告陣営の選挙違反疑惑が報道された直後の昨年11月3日、克行被告は自身の議員宿舎で業者の男性と面会。「事務所スタッフがデータを持ち出した可能性がある」と焦った様子で話し、「流出したらまずいものを消したい」と求めた。

克行被告はその日、男性が購入したデータ削除ソフトを使い、議員宿舎のパソコンにあるデータを削除。男性は翌4日にかけ、克行被告の議員会館事務所や広島市内の夫妻の自宅に出向き、パソコン内のデータを削除した。初公判の検察側冒頭陳述によると、消されたデータの中には現金の提供先や金額が書かれた克行被告作成のリストも含まれていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 東京都 中国 広島県