11月場所は上限5000人=秋から倍増、升席2人―大相撲

スポーツ

日本相撲協会は19日、東京・両国国技館で理事会を開き、同国技館で開催する11月場所(11月8日初日)で観客数の上限を約5000人に緩和することを決めた。新型コロナウイルス対策のため、7月と秋場所は定員の約4分の1に当たる2500人が上限だったが、倍まで引き上げる。

秋場所まで1人で使用していた升席は、2人が使えるように変更。隣り合わないように斜めに座る。2階いす席の間隔は三つから一つになる。土俵に近いたまり席は、維持員と関係者用に2列使用する。

観客には引き続きマスク着用や、声援の自粛を求め、館内での飲酒もできない。客席での食事は認めないが、各階に飲食のための専用スペースを設ける。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)は理事会後に報道陣のリモート取材に応じ、「人数が増えてありがたい話には違いないが、その分しっかりと対策をしていかないといけない」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 相撲 スポーツ 日本 東京都