養殖場でエビ大量死=甲殻類の伝染病を初確認―沖縄県

経済・ビジネス

沖縄県は19日、同県大宜味村のバナメイエビ養殖場で、国が指定する甲殻類の伝染病「急性肝膵臓壊死(すいぞうえし)症」(AHPND)が国内で初めて発生したと発表した。養殖エビ10万尾の大半が死んだ。伝染が拡大すれば養殖業に大打撃となる恐れもあり、県が警戒を強めている。

県によると、AHPNDは国が「特定疾病」に指定する甲殻類特有の伝染病。人に感染した例はなく、感染したエビを食べても人体に害はないという。

伝染病が発生した沖縄県大宜味村の養殖場で処分されるバナメイエビ(沖縄県提供)伝染病が発生した沖縄県大宜味村の養殖場で処分されるバナメイエビ(沖縄県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 日本 沖縄