「武器等防護」実施へ調整=日豪防衛相が一致、米国以外で初

政治・外交

岸信夫防衛相は19日、来日したオーストラリアのレイノルズ国防相と防衛省で会談した。会談後に共同声明を発表し、自衛隊が豪州軍の艦艇や航空機を警護する「武器等防護」の実施に向けた調整を開始することで一致したと明らかにした。安全保障関連法に基づく措置で、実現すれば米国に続き2カ国目。岸氏は記者団に「わが国の平和と安全および日豪防衛協力にとって重要な意義がある」と語った。

会談後、共同記者発表する岸信夫防衛相(右)とオーストラリアのレイノルズ国防相=19日午後、防衛省(代表撮影)会談後、共同記者発表する岸信夫防衛相(右)とオーストラリアのレイノルズ国防相=19日午後、防衛省(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 オーストラリア 日本