対コロナ、500億円供与=ビジネス往来の早期再開へ―日・インドネシア首脳

政治・外交

【ジャカルタ時事】インドネシア・ジャカルタ入りした菅義偉首相は20日午後(日本時間同)、同国のジョコ大統領とジャカルタ近郊ボゴールの大統領宮殿で会談した。菅氏は新型コロナウイルス感染拡大による同国経済への影響を踏まえ、500億円の円借款を供与する方針を表明した。両首脳は、短期出張などビジネス関係者らの早期の往来再開に向け調整することで一致。2015年以来となる外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の早期再開を確認した。

大統領宮殿のエントランスで記念撮影をする菅義偉首相(中央左)と真理子夫人(左)、インドネシアのジョコ大統領(同右)とイリアナ夫人=20日午後、インドネシア・ボゴール市(代表撮影)大統領宮殿のエントランスで記念撮影をする菅義偉首相(中央左)と真理子夫人(左)、インドネシアのジョコ大統領(同右)とイリアナ夫人=20日午後、インドネシア・ボゴール市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ASEAN インドネシア 日本