コロナ対応、DX支援が焦点=21年度改正に着手―自民税調

政治・外交 暮らし

自民党税制調査会(甘利明会長)は20日、非公式幹部会合を党本部で開き、2021年度税制改正論議に着手した。新型コロナウイルスによる急激な経済の落ち込みへの対応が焦点で、固定資産税や車体課税、住宅ローン関連の負担軽減などがテーマとなる見通し。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)を促す措置も話し合う。

自民党税制調査会の会合後、記者団の取材に応じる甘利明会長=20日午後、東京・永田町の同党本部自民党税制調査会の会合後、記者団の取材に応じる甘利明会長=20日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 税制 暮らし 日本