死刑執行、被害者側に通知=21日から実施―法務省

政治・外交

法務省は20日、死刑判決が確定した事件について、被害者側が希望すれば、電話か文書で刑執行を通知すると発表した。21日から実施する。

刑事裁判の結果などを知らせる「被害者等通知制度」を拡充する。通知内容は、刑執行の事実と日付、場所。死刑囚が病死するなど、刑執行以外で死亡しても連絡する。

対象となるのは、被害者とその親族、内縁関係や婚約者など親族に準じる人、代理人弁護士。電話の場合は法相が記者会見で公表する前に伝える。文書の場合は執行日に郵送する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政 日本