北方領土、初の上空慰霊=コロナ禍で新事業―北海道

社会 文化

ロシアが実効支配する北方領土の元島民らが、チャーター機で北方四島周辺を飛行し、上空から先祖を供養する「上空慰霊」が21日、始まった。新型コロナウイルスの影響で、日ロ両政府による「ビザなし交流」などが中止となり、元島民らの意向を受け、日本側の独自事業として初めて実施した。25日も行う。

北海道によると、チャーター機は中標津町の中標津空港を発着点とし、知床半島から根室半島などに沿って約1時間飛行。21日に2回、25日は3回の計5回実施し、元島民ら計約130人が参加する予定。

21日の第1便には元島民ら約30人が搭乗。歯舞群島多楽島出身の河田弘登志さん(86)は「(上空で)手を合わせた。道の計画に大変感謝している」と笑顔で話した。同乗した鈴木直道知事は「元島民の声を受け止め、実際の事業に反映させていくことが重要だ」と語った。

航空機内で黙とうする元国後島民の男性ら=21日午前、北海道標津町沖(代表撮影)航空機内で黙とうする元国後島民の男性ら=21日午前、北海道標津町沖(代表撮影)

北方領土の上空慰霊で、航空機内から見えた国後島=21日午前、北海道羅臼町沖(代表撮影)北方領土の上空慰霊で、航空機内から見えた国後島=21日午前、北海道羅臼町沖(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化 社会 社会一般 日本 北海道 ロシア