6カ月ぶり1万人超え=9月の訪日客、入国制限一部緩和で

政治・外交

日本政府観光局が21日発表した9月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比99.4%減の1万3700人だった。新型コロナウイルス対策のための出入国制限で依然低水準で推移したものの、8月の8700人(99.7%減)からは増加し、6カ月ぶりに1万人を上回った。長期滞在者向けの渡航などが徐々に解禁されていることが減少率縮小につながった。

国別の内訳は、中国が3000人、韓国が1400人だったほか、タイは1000人、ベトナムは2700人で、いずれも前月から増加した。タイとベトナムについては7月から出入国制限が一部緩和されている。

政府は10月、中長期滞在者を対象に全世界からの新規入国者の受け入れを再開した。ただ、観光目的の短期滞在は認められず、訪日客の回復は依然として見通せない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 中国 日本 韓国 タイ ベトナム