後任推薦、国家公務員に疑問=学術会議元会長から聴取―自民

政治・外交

自民党は21日、日本学術会議の在り方を検討するプロジェクトチーム(PT)の会合を開き、大西隆氏ら同会議の会長経験者3人から意見を聴取した。大西氏らは、学術会議が独立した立場で政府に提言する意義を強調。一方、出席者からは、会員が後任を推薦する仕組みや特別職の国家公務員に任命されることへの疑問が続出した。

会合には大西氏と黒川清氏が出席し、吉川弘之氏はオンラインで参加した。大西氏は菅義偉首相が会員候補6人の任命を拒否したことについて、「(会議が人選を)独立して行うことが非常に重要だ」と主張。その上で「学者が独立して提言を発する機関が国の信頼を得るために重要だ」と訴えた。

自民党の学術会議見直しに関する会合に出席する日本学術会議歴代会長の(左から)吉川弘之氏(モニター画面)、大西隆氏、黒川清氏。右端はあいさつする下村博文政調会長=21日午後、東京・永田町の同党本部自民党の学術会議見直しに関する会合に出席する日本学術会議歴代会長の(左から)吉川弘之氏(モニター画面)、大西隆氏、黒川清氏。右端はあいさつする下村博文政調会長=21日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本