iPSから免疫細胞、がん患者に=1人目の移植実施―千葉大・理研

社会 暮らし

人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、免疫を担い病原体を攻撃する「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」をつくり、頭頸部(とうけいぶ)がんの患者に投与する臨床試験(治験)を進めている千葉大と理化学研究所のチームが、1人目の患者への移植を実施したことが22日、分かった。

iPS細胞をがんの治療に用いる研究は国内初で、NKT細胞の利用は世界でも例がないという。

千葉大によると、移植は14日、同大病院で実施。チームは健康な人の血液からつくったiPS細胞をNKT細胞に変え、患者のがんにつながる血管から約5000万個を注入した。チームの関係者は「現時点で重い有害事象は確認されていない」としている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本