自宅でハロウィーン=渋谷区、コロナで呼び掛け―東京

社会

東京都渋谷区の長谷部健区長は22日の記者会見で、毎年大勢の人が集まる31日のハロウィーンについて、新型コロナウイルス対策としてウェブ上の仮想空間で開催する仮装コンテストなどへの参加を呼び掛け、「今年は自宅で楽しんでほしい」と強調した。

「渋谷未来デザイン」(渋谷区)など民間企業と連携し、アバター(分身)で参加できる仮想空間「バーチャル渋谷」を5月に公開。今月26日から31日まで、仮想空間内で仮装コンテストや音楽ライブを開催し、限定グッズも販売する。

区は、ハロウィーン目的で来訪した若者らによる犯罪やマナー違反が相次いだことから、31日や年末年始などの一定時間、路上での飲酒を禁じる条例を制定している。

長谷部区長は「今年はコロナのリスクを考え、仮装や見物目的で路上に集まることは控えてほしい」と訴えた一方、「仮想空間という初の試みを通して、新しい渋谷の文化をつくっていきたい」と語った。

31日のハロウィーンを控え、新型コロナウイルス対策として自宅で楽しむよう呼び掛ける東京都渋谷区の長谷部健区長=22日午後、同区役所31日のハロウィーンを控え、新型コロナウイルス対策として自宅で楽しむよう呼び掛ける東京都渋谷区の長谷部健区長=22日午後、同区役所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東京都