再稼働、県議会が容認=女川原発、知事同意の公算―宮城

経済・ビジネス 社会

東北電力女川原発(宮城県石巻市、女川町)2号機について、県議会は22日の本会議で再稼働を求める請願を賛成多数で採択し、再稼働を容認する姿勢を示した。石巻市議会と女川町議会は既に容認している。村井嘉浩知事の判断に焦点が移るが、県議会の意思を重視するとしており、同意に踏み切る公算が大きくなった。

本会議では、女川町商工会が出した再稼働を求める請願を賛成35人、反対19人で採択。一方、市民団体など53団体が連名で提出した再稼働に反対の請願は賛成19人にとどまり、不採択となった。

村井知事は議会後の取材に対し、「津波で被災した立地県の議会で初めて再稼働容認の意思表示がなされた。判断を重く受け止めている」と述べた。11月に市町村長会議で首長の考えを聞き、石巻市長、女川町長と協議した上で判断する方針だ。

宮城県議会本会議を終え、取材に応じる村井嘉浩知事=22日午後、仙台市青葉区宮城県議会本会議を終え、取材に応じる村井嘉浩知事=22日午後、仙台市青葉区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 安全・危機管理 社会 日本 東北 宮城県