日米・地元「対話の場」に難色=岸防衛相、沖縄知事と会談

政治・外交

岸信夫防衛相は22日、沖縄県の玉城デニー知事と県庁で会談した。在沖米軍基地の負担軽減をめぐり、玉城氏は日米両政府と同県による「対話の場」を新設するよう要請。岸氏は「米国との交渉は政府が代表して行う。すぐにつくることは考えていない」と難色を示した。

玉城氏はまた、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設について「工事を中断してほしい」と求めた。これに対し、岸氏は「辺野古移設が唯一の解決策だ。着実に工事を進めることこそが、普天間飛行場の全面返還、危険性除去につながる」と述べた。

岸信夫防衛相(左)に要望書を手渡す沖縄県の玉城デニー知事=22日、同県庁岸信夫防衛相(左)に要望書を手渡す沖縄県の玉城デニー知事=22日、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 沖縄 米国